性病なんかに負けるな!

日本に多い性病クラミジア、腹痛の症状が出ることも

日本で感染する性病として代表的なものにクラミジア感染症があります。この病気は日本の性病感染者の原因として一番だといわれるほど広がっている病気なのです。特に最近では性行為の開始時期が若年化し、10代でのクラミジア感染が問題になってきています。感染経路は直接感染なので、性行為が無ければ感染することはありません。また性行為を行う時に、コンドームを使用したり、オーラルセックスを避けるなど、気を付ければ性病に感染するリスクを下げることができるのです。そしてもし感染しても、症状がわずかなので、気づかない人も多いのも問題です。クラミジアに感染すると子宮頸管炎を起こします。しかし子宮頸管炎は症状があまり出ないので気が付かないことが多いのです。そして気が付いたときには、何年も経過していたということもあるのです。感染したことを知らずに時間が経過し、子宮頸管炎から、逆行感染し卵巣、そして腹膜に感染が広がることもあります。腹膜まで感染が広がると、激しい腹痛を訴える人が多いといいます。時には、救急車で運ばれるほどもことも。はじめは腹痛が症状なので、内臓系の疾患を疑われます。そしていろいろ検査をして病名が否定されると、性病を疑われるようになります。そして最後にクラミジアの検査をしえやっと病名が診断されるということもあるのです。腹痛を訴えるほどになると肝臓までも病原菌が広がっている可能性もあります。今は日本ではクラミジアの検査をすることで確定診断をすることができます。でも病院に行くことも恥ずかしいという人もいますね。今は自宅にいながら、検査キットを使用して検査することができます。その結果で病院を受診することもできるのです。早めの検査早めの治療が原則です。