性病なんかに負けるな!

性病は自宅でも治療できる

性病の治療は自宅でも十分可能です。その理由は外科的な処置が必要な場合がほとんどないため、服薬による治療だけとなっています。薬さえ入手できれば治療が可能となりますので、一度診察を受けてから薬を別の通販で購入する事で治療できるという訳です。なお性病治療薬は基本的には処方箋が必要な薬であるため、通販による個人輸入での購入となります。
その中でも、個人輸入によって薬を購入して治療する方法がお勧めなのはヘルペスです。ヘルペスはクラミジアなどとは違い、完全に病気の原因を殺す事が可能ではありません。薬によってある程度ヘルペスウイルスを減らしたとしても一部は残存していて、体調不良などの時に増殖して症状を引き起こします。そのようなときに、常備している薬が役に立つのです。ヘルペスは何も性器だけでなく口唇にも生じるので、薬が余っても使う機会が多く、コストパフォーマンスという面でも効果的です。ヘルペスに関しては症状からセルフケアしやすく、性病の中で治療しやすいものであると言えるでしょう。
一方、性病の中でも自宅で治療しにくいものはクラミジアや梅毒です。これらも薬でコントロールできる物ですが、見分けがつきにくく、また自覚症状が見られないケースがあるので、治療が症状の有無で判断できないためです。こういった病気の場合は病院にて感染兆候が出ていないか血液検査をしたり、菌の検出がないかをチェックしてもらう必要があります。
性病は人に知られたくない病です。出来れば家で治すことは理想的なことです。ですが、症状を自分で把握しなければならないので診断後長引いた場合や、ヘルペスなどのわかりやすい症状の場合は自宅での治療を進める形で、基本的には病院を活用しながら治療行動を取るようにしましょう。