性病なんかに負けるな!

性病と画像診断技術の開発が望まれるうつ病

画像というのは視覚的に大きな情報を与えてくれるものであり、何かを判断したいというときにはたった一枚の画像があるだけで全てが解決するということも珍しくありません。そのため、医療の現場においては画像診断が重視される傾向にあり、X線やCT、MRIなどの数多くの画像診断を行える医療機器が開発され、現場で活用されてきています。うつ病は自覚の状況によって診断するということが一般的であり、客観性に欠けるということが問題視されることがしばしばあるのが事実です。うつ病を装うということも役者であれば可能であり、それを見抜く能力が必ずしも全ての医師にあるわけではありません。そのため、客観的な診断法の開発が求められてきました。光トポグラフィー検査はうつ病の画像診断法開発の足がかりとなるものとして注目を浴びてきているものですが、現状としてはまだ医療現場で活用される段階には至っていません。しかし、近い将来にはうつ病の客観的な画像診断も実現できるようになるでしょう。一方、精神的なものではない性病となるとこういった高度な技術がなくとも診断が容易なものが多数あります。素人であっても症状を示した画像が一枚あるだけで、その性病にかかっているかどうかということを判断できる場合も多いのが特徴です。性病の場合には症状が生じやすい部分も性器周辺に集中しており、感染症であることから原因となる病原体によって特徴的な症状が表れることが多いからです。あらゆる病気が多くの性病のように見た目でわかりやすいものであれば高度な画像診断技術の開発は必要ないものの、実際にはわかりづらいものの方が圧倒的多数を占めており、今もなお新しい技術開発が求められています。